先生

コンプレックスを解消へ

美容整形

現在の主流はレーザー除去

ほくろは場所によってはコンプレックスに感じやすく、美容整形で治療される割合が高いです。赤外線を用いた炭酸ガスレーザーと、ほくろの色素を削る電気メスによる手術が除去治療の主流と言われています。炭酸ガスレーザーは赤外線とほくろの細胞内の水を反応させて熱を生じさせ、対象物を破壊することで取り除きます。電気メスはほくろの色素を削り取る手法ですが、電気エネルギーの熱を用いることで傷跡を瞬時に固めながら手術を進行させます。どちらもメスでくり抜くわけではないので、痛みや出血を最小限に抑えることが可能です。5mm以下の小さなほくろの場合は、患部を縫う必要もないため、患者の負担はかなり少ないと言えます。レーザー治療は小さなほくろには絶大な効果を発揮しますが、大きな場合には一度では除去できないため、複数回に分けて治療を行います。一方でメスによる手術はほくろ自体をくり抜いてしまうので、当然ながら一度で大きな効果を得ることができます。通院を不便に感じる人はメスで除去した方が楽かもしれませんが、傷跡が残ることがある点に注意しなければいけません。レーザー治療なら傷跡ができても自然治癒するケースが多く、安全性も高いのが特徴です。レーザーでの除去は少なからず再発の可能性があります。それでもクリニックによっては再発した際に再び手術を行ってくれる保証制度があるので、医師に事前に確認しておきましょう。メスで摘出すると出血が起きることがありますが、レーザーではその心配はありません。ただ、メスでの摘出では細胞を細かく検査してもらえるため、万が一病気だった際には早期発見に繋がる場合があります。小さなほくろには負担の少ないレーザー治療を行い、病気の心配がある大きなほくろは摘出して検査を行うと安心できるのではないでしょうか。ほくろの治療後はかさぶたができ、約1週間後には消滅します。メスを入れた摘出手術であっても、時間の経過により傷跡は薄くなります。最新の医療では技術が向上し、間近で見なければほとんど気づかないほど傷跡が残りにくくなっているので心配ありません。