先生

配慮しておくと良いこと

看護師

アフターケアも念頭に

体にもほくろはできますが、顔も生じやすい部位のため、男女を問わず悩みの原因になる場合が多くなっています。美容整形外科では、ほくろの除去治療も提供されていますので、気になるほくろを取りたい場合は、カウンセリングを受けると良いでしょう。そして、美容整形外科でほくろの除去治療を受ける場合は、1つのクリニックだけを調べて申し込まないように気をつけ、必ず複数のクリニックを比較してから選んでください。この施術にはレーザー治療や電気メス、それに通常のメスを使った切開治療など、幾つかの方法があります。クリニックごとで受けられる施術内容が違うこともあるため、幅広くチェックしてください。さらに費用もクリニックごとで異なりますから、予算の都合がある場合は特にしっかりチェックしましょう。ただしほくろの除去治療は大きさや数などにより料金は変化しますので、各クリニックの公式サイトにある料金表だけでなく、実際に診察を受けて値段を確かめるのが肝心です。予算を告げますと、それに合わせた治療方法を提案してくれることも多く、金額的にも納得できる施術を受けられる場合があります。ほくろを除去した後は、施術箇所を紫外線に当てることや、乾燥させないようにすることが大切ですので、その点に気をつけましょう。また、レーザーで除去した後は、ほくろを取った所が赤くなったりしますが、放置しておくと炎症などを起こす可能性があるため、外用薬が処方される場合も少なくありません。指示された塗り方で正しく塗布することで、炎症なども回避しやすくなりますから、治療を行う際はアフターケアに関することもキチンと確認しておきましょう。そして、施術後に気になることがありましたら、自己判断で様子見をしないように気をつけ、医師の診察を受けてください。綺麗な仕上がりのためにも施術後のケアは欠かせないため、アフターフォローに力を注いでいるかにも気をつけ、治療先を選定してください。一方、未成年者がほくろの除去治療を受ける時は、保護者の署名や捺印がある承諾書が必要になることもありますので、その場合は持参し忘れないように注意しましょう。