印象が良い方向へ変わる

カウンセリング

コンプレックス解消になる

シミやほくろなどが顔にあると、それだけでコンプレックスとなることがあります。シミなら女性はメイクで隠すことができても、ほくろはそうもいきいません。しかも大きくて濃いものは目立ってしまいます。あまりにも悩みの種となっているのなら、治療を検討してみましょう。美容外科では、ほくろの治療を受けられます。また、コンプレックス解消となるだけではなく、見た目の印象も随分と変わるはずです。しかも、良い方向へと変わることが多くなっています。顔にほくろがあることで他人と目を合わせて会話ができないなど、日常生活にも支障が出ている人こそ、治療をしてみた方がいいかもしれません。それにはまず、どんな方法があるのか調べてみましょう。美容外科でのほくろの治療といっても、いろいろな方法があります。もちろん、美容外科によって提案される治療法も異なります。費用もかかるので、その点も考慮して無理なく受けられるところを探しましょう。それから、大きくて根っこの深いほくろの場合はメスを使っての施術となることもあります。まずはほくろの状態を調べることが大切です。小さくて薄いタイプの場合には、レーザー照射によって薄くしていく方法を取ることが主流となっています。これなら肌へのダメージも少なく、費用も安いのでとても楽です。実際には圧倒的にレーザー照射を選択する人が多くなっています。ただし、一度、レーザーを照射するだけでなくすことはできません。何度か通うことになるので、通いやすい美容外科を選ぶことも念頭に置いておきましょう。あまり遠方となると大変です。また、毎日のようにレーザーを照射することはできないので、多少は期間を空けて施術を受けることになります。キレイになくなるまでは半年以上かかることもあるため、この点も頭に入れておきましょう。それから、ほくろがたくさんある場合、一つ一つレーザー照射をするのは大変です。通常、目立つものから順に行うことになっています。一番コンプレックスになっているものから施術を受けましょう。親身的に話を聞いてくれる美容外科なら、適切なアドバイスをしてくれるはずです。

婦人

いろいろな種類があること

気になるほくろを治療したい方は、皮膚科や美容整形外科でお願いすることができます。ほくろは、境界母斑と複合母斑、真皮内母斑に分かれ、治療法が異なります。レーザー治療や切除縫合術、くり抜く方法もあります。

カウンセリング

クリニック利用の手順

一般的に良性で小さめのほくろはレーザー治療で除去できます。レーザーは美容皮膚科で受けることができる治療です。クリニックにカウンセリングの申し込みをしてから、治療を受けて帰宅するまでの流れをまとめました。

美容整形

コンプレックスを解消へ

ほくろはコンプレックスになりやすく、美容整形も活発に行われています。痛みがなく安全なレーザー治療が主流で、傷跡を残さずにほくろを除去できます。メスによって摘出する方法では細胞を検査に出すことで病気の早期発見に繋がるメリットがあります。

看護師

配慮しておくと良いこと

気になるほくろの除去治療を行う場合は、治療方法や費用などを比較してから、クリニックを選ぶのが大切です。また施術後のアフターケアも大切なため、その方法をしっかり確認しておきましょう。そして気になることがありましたら、診察を受けてください。

顔を触る人

技術力で探そう

ほくろの治療は美容外科で行えます。ただし、一つのほくろを治療するには相当な期間がかかるため、根気よく通えるところを選びましょう。技術力が高く、親身的で対応の良い美容外科がお勧めです。これまでの実績や評判を調べてみましょう。